【映画の感想】AKIRA

劇場アニメ, 感想AKIRA, 佐々木望, 大友克洋, 小山茉美, 岩田光央, 橋本以蔵, 玄田哲章

初めに

原作コミックを劇場アニメ化した作品で、公開当時原作が完結していなかった為、映画オリジナル要素が入っている。監督と脚本は原作者である大友克洋さん自らが担当している。

自分が思った感想

2019年、それはどんな世界だったんでしょうか?

1988年、関東地方で新型爆弾が爆発し、それがキッカケで第三次世界大戦が勃発してしまった、更にはそれが原因で東京は荒れ果ててしまった、

それから31年が経過し2019年、首都はネオ東京となった、しかし反政府ゲリラと軍との衝突や小競り合いが日々起きる日常だった。

そのネオ東京で生きる不良少年の金田は、山形・甲斐・鉄雄といった仲間と共に、オートバイでの暴走に明け暮れる日々を繰り返していた。

そして、彼らは他の暴走族連中を追い込むため、環状線での暴走を始めるのだった。彼らは荒れ果てたネオ東京を突っ走る、この荒んだ日常を忘れるかのように

別の場所ではある男性が、小さな子どもを引き連れて街を駆け巡っていた。どうも男性の方は焦って逃げ回っていると言う印象だった。しかし、軍の包囲網に囲まれ男性と子どもはこれまでと思ったが男性はおもむろに拳銃と取り出す。

軍は彼が拳銃を出したことで抵抗すると見なしマシンガン等で滅多撃ちにして男性を殺害する。男性は絶命直前につれていた子どもに逃げろと告げる。

子ども(男の子)はその場から逃げ出すのだすが、その先は金田率いる暴走族が走りしている環状線で、その中で鉄雄がその男の子と接触事故を起こす(厳密に言うと接触を起こす前に男の子が鉄雄のバイクを弾き飛ばしている)

バイクは爆発し、鉄雄は意識を失う、そこに金田達が現れ、更には軍用輸送機も現れ、男の子はその輸送機に回収され、意識を失った鉄雄も同時に輸送機に回収される。金田達は抵抗をするも何もすることが出来なかった。

翌日、金田達が通う学校では警察による、生徒全員での事情聴取が行われていた。特に金田達は事故を起こした現場に直接居たため、細かく聞かれるが適当にやり過ごしその場を切り抜けるのだった。

そこで事情聴取を別に受けていた、金田と同い年くらいの女の子に一目惚れをする。

別の所では収容された鉄雄が病院を抜け出していた、抜け出していた鉄雄は病院に居た時の格好のまま、ネオ東京の街に出ていくのだった。

本作でAKIRAと言うのは、宗教的な意味合いもあり、AKIRAの絶対的な能力があるとして崇めたりと、作中の存在も絶大で軍も警戒するほどの存在だった。断っておくがAKIRA自体は人物として登場するのではなくAKIRAと同等の能力を持つ超能力者と言っていい。

最初に出てくる男の子もその一人で、鉄雄をバイクを弾き飛ばしたのも能力の一つだったりする。鉄雄も同じくAKIRAの能力を持つ人物の一人となり、何度か軍に追われるようになったりする。

AKIRAの能力を巡るストーリーなのだが、特に壮大でそれに翻弄される金田や軍の関係者など、先が全く見えない展開はとても面白く、今でも十分楽しめる作品でネオ東京は荒れ果てた世界観で人間模様も荒れ果ているのも上手いと思った。

CG合成を使った演出が多く見られ、1988年と言う大分前の作品ながら全然見劣りしない所は見事で破断等も無く、セル画だけでは難しい演出を難なくこなし見ごたえのある演出が沢山あるので見ていて飽きなかった。現実なのか夢なのかその狭間の演出も考えられている。

面白い作品であると同時にグロテスクなシーンが多く、劇場作品という事もあって容赦が無い、特に後半は人が死んでいくシーンが多いが中々エグい。

後、世界観設定やストーリーがかなり濃密に作れており、単純明快ではなく難解な展開が多いため、ストーリーが苦手って意見も聞くことがある作品になっている。

作品の内容から逸れるが、制作費が10億円に対して、興行成績が7.5億円とアニメ作品の興行成績は悪くないが制作費は上映だけでは回収できなかった記録が残っている。

最後に一言

1980年後半の作品とはいえ、濃密な世界観は良く出来ており、今でも十分通用する作品と言っていい。

ただ名作ではあるが、結構人を選ぶ作品なのでそこだけは注意が必要

作品の概要

公開日:1988年7月16日
監督:大友克洋
脚本:大友克洋、橋本以蔵
主な出演:岩田光央、佐々木望、小山茉美、玄田哲章
上映時間:124分
鑑賞方法:映画館
映画館での鑑賞回数:1回