【映画の感想】バッドボーイズ

外国映画, 感想ウィル・スミス, ジム・マルホランド, ダグ・リチャードソン, ティア・レオーニ, バッドボーイズ, マイケル・バリー, マイケル・ベイ, マーティン・ローレンス

初めに

黒人警官のバディコンビで繰り広げるアクション映画、だけどコメディ作品で事件ものだけどコメディよりの作品になっている。

自分が思った感想

マイアミ市警に努めている2人の黒人警官のマーカス・バーネットとマイク・ローリーは特捜班のハワード刑事より、署内で押収していた、ある1億ドル相当の押収品が盗まれた事を2人に告げる。

ハワード刑事は押収品が盗まれた状況が内部に精通したとしか思えない手際の良さだった。事態が外部に漏れるのが72時間、その間に盗まれた押収品を回収しないと行けない。

マーカスとマイクは早速捜査を開始するのだった。

一方、フーシェと呼ばれるシンジゲートの密売人がマイアミ市警から盗み出した押収品の品定めをしていた。フーシェは元マイアミ警察の協力を得て盗みに成功し、それを売りさばこうとしていた。

しかし協力者の元マイアミ市警は押収品の一部を失敬しようとした所、フーシェに見つかり協力者を殺害するのだが、ジュリーと言う女性に見つかり、証拠隠滅の為に彼女を追い回すのだった。

ジュリーは逃げている最中に友人を通じて知ったマイクの自宅に逃げ込むが、そこにマーカスが居たため、ジュリーはマーカスをマイクと勘違いしてしまう。

重要参考人のジュリーを逃がす訳にも行かなかったので、マーカスはマイクのふりをする事になった。

本作はバディ刑事ものだけあって、台詞回しが絶妙で流れるような掛け合いが良く出来ており、ギャグ、シリアス、ロマンスなどの掛け合いは見ていて非常に良かった。

アクションシーンはカメラワークを駆使することによって絶妙なキレがあり、ワンシーン、ワンシーンが良く出来ている。銃撃戦も2丁拳銃で銃を撃ち合ったりとか、単純なアクションシーンに鳴らないようになっている。

カーアクション等も充実しており、後半部分はカーチェイスだけでなく、大型クレーンを駆使して突撃をしたりとアクション部分も種類豊富だった。

欠点と呼べる部分は殆ど無く、最初から最後まで楽しめる作りは評価したい。

最後に一言

刑事モノ、バディモノ、アクション、コメディ様々な要素を詰め込んだ傑作映画で笑いながら楽しく見ることが出来た。

バディ刑事作品ならこの1本をおすすめ!といいたい作品

作品の概要

原題:Bad Boys
日本公開日:1995年11月18日
監督:マイケル・ベイ
脚本:マイケル・バリー、ジム・マルホランド、ダグ・リチャードソン
主な出演:ウィル・スミス、マーティン・ローレンス、ティア・レオーニ
上映時間:118分
鑑賞方法:Blu-ray