映画レビュー:デッドプール2 ​

2019年5月9日外国映画, 感想ケーブル, サノス, デッドプール, マーベル, ライアン・レイノルズ, 俺ちゃん, 映画レビュー

初めに

とても楽しませてもらった、デッドプールの続編、俺ちゃん大活躍が見たくて
映画館へ公開日初日に突撃しました。
公開日初日は本当に楽しかった、楽しみいっぱいだったデッドプール2のレビューになります。

予告編より引用

これはファミリー映画だ!

作品の概要

日本公開日:2018年6月1日
監督:デヴィッド・リーチ
主な代表作:ジョン・ウィック、アトミック・ブロンド
脚本:レット・リース
   ポール・ワーニック
   ライアン・レイノルズ
主な代表作:レット・リース(デッドプール
      ポール・ワーニック(デッドプール)
      ライアン・レイノルズ(今回初脚本)
主演:ライアン・レイノルズ
   ジョシュ・ブローリン
   モリーナ・バッカリン
主な出演作:ライアン・レイノルズ(デッドプール、名探偵ピカチュウ
      ジョシュ・ブローリン(アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー)
      モリーナ・バッカリン(デッドプール)
上映時間:120分
鑑賞方法:映画館、Blu-ray

おことわり

続編作品となりますので一部前作のネタバレが含まれます。

ストーリー

前作から2年後。
ウェイド・ウィルソン(デッドプール)はガールフレンドのヴァネッサと同棲して、ヒーロー活動を続けていたが、麻薬カルテルとの戦いの巻き添えでヴァネッサが死んでしまう。
自責の念からウェイドは自殺を図り、爆死に失敗したところでX-MENのメンバーのコロッサスによって保護される。

コロッサスはウェイドをミュータントの学校にしてX-MENの本部である
「恵まれし子らの学園」
へと連れて帰ると、彼を諭し再びX-MENへと勧誘する。
ウェイドはこれに渋々同意する。
※Wikipediaより一部引用

良い点

1.アクションが大規模に

前作ではアクションシーンが少なかったがは大規模になった。刑務所、トラック襲撃でパワフルなアクションとスピード感のあるアクションが楽しめるようになった。

予告編より引用

2.増えたネタ

ネタがかなり多く増えた、本作以外の映画や全く関係ないネタも増えた。

  • 出してはいけないDCユニバースネタ
  • 増えたライアン・レイノルズネタ
予告編より引用
  • アベンジャーズのネタをさらに出して来るようになった。(中の人ネタ)
  • ウルヴァリンネタは豊富でした。
予告編より引用

上げるとキリがない部分もあるが、ネタを探すだけでも楽しい作品と言って良いかもしれない。
ついでにローガンネタをいきなり出して大爆笑だったし、今回の監督はジョン・ウィックを担当した監督だが、それもネタにしたのは恐れ入った。

3.前作は少なかったミュータントが増えた

ケーブルと後もう一人個性的なミュータントが増えた

  • ケーブルは渋くてカッコよく、動きとかメカニックが優秀な部分はメカ好き人にはたまらない。
予告編より引用

4.Xフォース

俺ちゃんこと、デッドプールはX-MENに対抗しようして、Xフォースを結成するがこれがなんとも馬鹿馬鹿しい面接が行われる。

予告編より引用

ある意味超個性的なメンバーが誕生するが、とにかく笑える。
採用基準が適当過ぎる所が最高。

予告編より引用

悪い点

1.悪乗りが更に増えた

ネタ増えた=悪乗りが増えたの構図になっており、一部は行き過ぎなネタがある。
スター・ウォーズネタとかは一部ファンから不評となっている。
あれはやり過ぎだと思った、しかも前作同様「帝国の逆襲」ネタを引っ張ってくるし

2.下ネタも少し行き過ぎ

下ネタは広範囲に増えた、増える事自体に文句があるわけではないが、使い方が悪い。
今回は未成年(中学生)に対してもかなり下ネタを使うので、正直「これは駄目だろう」って思った。
その他だと、下ネタとグロネタを混ぜるのは頂けなかった。

3.前作より一部クオリテイが下がった

前作は低予算で作られており、どう作るかアイディアで頑張っていたが、今作は予算が増えた関係かアイディアが減った感じを受ける。アクションとかが増えたからだと思うが、ここは好みの問題かと思う。
前作と違い銃を扱う人物の登場がある為、デッドプールがほぼ刀だけになったりとか(使うシーンが無いわけではないが大きく減った。)

最後に

前作と比較すると、アクションシーンも増えアクション映画として完成度は上がっているが、アイディアが減った関係で凝ったシーンが減った印象を受ける。
とは言え、前作を楽しんだ人や、X-MENシリーズが好きな人には十分楽しめる作品に仕上がっているのは間違いないのでお勧めできる作品である。

余談

1.スーパードゥーパー $@%!#& カット

スーパードゥーパー $@%!#&カット?

セル版発売と共に劇場公開版より15分長いのと一部修正を加えられたバージョンね

セル版のDVD&Blu-ray3枚組パッケージ版には劇場公開版もセットになっているんだな

完全版とかの扱いではないのが面白いところね

劇場公開版と比較してみよう!

どちらが好きになったか、後で教えてくれ見て見るから