【映画の感想】DESTINY 鎌倉ものがたり

感想, 日本映画DESTINY 鎌倉ものがたり, 中村玉緒, 堤真一, 堺雅人, 安藤サクラ, 山崎貴, 田中泯, 高畑充希

初めに

原作コミック、鎌倉ものがたりを実写化した作品で、主演は半沢直樹で一世を風靡した堺雅人さんが主役だった事が見るキッカケでした。

自分が思った感想

ストーリーは新婚になりたての一色正和とその新妻である、亜紀子が鎌倉で暮らす事から始まる。本作の鎌倉は霊力に覆われ人間と魔物や妖怪が共存しており幽霊、地獄や魔界などがあり、正和の家にも少なからず妖怪が住み着いていた。

亜紀子は最初は妖怪を気味悪がるが、正和は子供の頃から鎌倉に暮らしているので特に何も感じず、普通に暮らしていた。この時に出てくる妖怪の表現は可愛らしく表現されており、妖怪=怖いというイメージが無い所が面白い。

正和はミステリー小説家でもあるがそれと同時に警察の捜査に協力する人物でもある。解決方法は考えられており、作中に事件を解決するが方法が大胆な方法で解決に持っていく。

その正和は多趣味であり、浪費家でもあるので妻の亜紀子が怒る位だったりするが、その時の正和の反応は見どころである。なんで見どころかと言うと、一色正和役の堺雅人さん顔芸とも言われる表情の演技が非常に豊かで、怒る・笑う・悔しがるの演技はとにかく素晴らしく、作中の悔しかる演技は必見と思っていい位だ。

作中に出てくる死神が面白い陽気な人物なので、死神=怖い存在ではなく、ツッコミを入れたくなるって印象を受ける、敬語なんだかタメ口なんだかわからないような喋り方は思わず笑ってしまう所。

人物以外に、鎌倉の妖怪がいる設定は面白く、雰囲気作りはとても良く出来てるし、昼間の妖怪は可愛らしく、夜の妖怪はおどろおどろしい、または、少し影を映している印象を受ける。その妖怪の設定は最初から最後まで良く出来ており、設定を十分活かしている。

後は、後半の黄泉の国が登場するが、そのシーンはVFXで表現されており、黄泉の国の美しさは圧巻されると言っていい、細かな所までしっかり作られて、つい見惚れてしまう出来。

ただ難点としては黄泉の国は後半に出てくるものの期間が短い所で、VFXの予算の関係で黄泉の国の登場が少ないのはその為の模様だが。

後、評価したいのはエンディング曲の宇多田ヒカルさんが歌う、あなただろう、歌詞作中のイメージがしっかり再現されており、エンドロール時も演出を多く入れており、最後の最後まで楽しむことが出来る。

最後に一言

原作を全く知らなくても楽しる様に配慮されているだけでなく、演出面等を含めても目でも耳でも楽しめる良作で、VFXの演出の関係上高画質な環境で鑑賞する事を強く勧めたい。

作品の概要

公開日:2017年12月9日
監督:山崎貴
脚本:山崎貴
主な出演:堺雅人、高畑充希、堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒
上映時間:129分
鑑賞方法:映画館、Blu-ray
映画館での鑑賞回数:2回