【映画の感想】劇場版 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~

2019年4月20日劇場アニメ, 感想劇場版 響け!ユーフォニアム ~誓いのフィナーレ~, 安済知佳, 朝井彩加, 石原立也, 花田十輝, 豊田萌絵, 響けユーフォニアム, 黒沢ともよ

初めに

今作は通算劇場4作目にあたり、響けユーフォニアムシリーズは2018年公開されたリズと青い鳥と同様に完全新作として劇場公開なのが嬉しい所でした。

おことわり

テレビシリーズ1期、2期または
劇場版 1作目 、劇場版 2作目、 リズと青い鳥
のネタバレが一部含まれます。

あらすじ

昨年度の全日本吹奏楽コンクールに出場を果たした北宇治高校吹奏楽部。2年生の黄前久美子は3年生の加部友恵と、4月から新しく入った1年生の指導にあたることになる。ここで新しい展開を見せるのは今までは久美子は人から教わる事が多かったが、今作からは教える・監修する側に回る。

全国大会出場校ともあって、多くの1年生が入部するなか、低音パートへやって来たのは4名をだがこれが中々面白い

  • 一見すると何の問題もなさそうな久石奏。
  • 周囲と馴染もうとしない鈴木美玲。
  • そんな美玲と仲良くしたい鈴木さつき。
  • 自身のことを語ろうとしない月永求。

全員一癖も二癖もあり、部活が始まって久美子は新入生とのコミニュケーションの気疲れは今まで無かった、でも相変わらず失言王であることは変わりない。

北宇治高校吹奏楽部はサンライズフェスティバル、オーディション、そしてコンクール。「全国大会金賞」を目標に掲げ部活に専念していく問題が次々と勃発していくのは相変わらずだと思った。特にイベントが始まる前に問題を起こすシーンはいい意味で緊張感を出している。

新キャラクター4人の立ち位置が非常に面白い、特に久美子と絡む事の多い久石奏は見た目に反して小悪魔だったり掴み所が無かったりと今までに無いキャラなので出来ている。後半では今まで無かった展開でもし、その時立場が逆だったらどうなる?と見ている側も思わず思ってしまうような説得力のある展開を持ってくる辺り、新キャラクターの味がキチンと出ている。

作画のクオリティは相変わらず凄い、カメラワークの演出は恐ろしく凝っており、コンサート会場でのカメラワークではカメラレンズに入る証明の反射までも書き込まれていてリアリティの高さに思わず息を呑む、楽器の金属の光反射までも作り込まれている。

そして音響は言うまでもなく、映画館での鑑賞は正しくコンサート会場に居る雰囲気を作っており、音の響きを含め格段にクオリティアップしている。

凄くいい作品だけど難点がそこそこ見られた特に、小ネタも含め作品を知ってる人向けでシリーズを全て知っている人向けに作られているので、あまりシリーズを覚えていないや追っていない人には少々厳しいかもしれない。

リズと青い鳥は知らなくても問題ないようにしているが、ネタは出てくるので若干置いてきぼりを食らう。(リズと青い鳥は作中では演奏が難しい曲として、そして全国大会の課題曲と選曲される。もちろん知っていればニヤリとする演出を上手く盛り込んでは居るけど・・・)

端折り方はやや難ありと感じた。今までのシリーズと展開と同じにならないように配慮されているが、その分全国大会予選の展開を丸ごと端折ったりとやや不親切に感じた。新キャラ4人居るが掘り下げは1人を除き多くはない。特に1人は全く掘り下げが無く、一言で片付けられてしまう。

これも魅力の一つだったが、人間関係のギスギスが減ってしまい若干淡白な印象を受ける。実際揉め事自体は起きるけど部活全体での揉め事は起きなくなった。1作目、2作目がその辺が強かったのでそう思った。
1作目はオーディション2作目は先輩が部活を辞める辞めないの人間同士のぶつかり合いにテーマ性があったからそう感じるのかもしれない)

最後に一言

今作は原作の最終章に入る前の作品となっているのでもしかしたら最終章がアニメ化される事が決まっているのでで楽しみである。

シリーズを基本全て見てる人向けで、敷居は若干高いがぜひ映画館で鑑賞してほしい作品の一つである。いい音が出る映画館ならなお良い。

作品の概要

公開日:2019年4月19日
監督:石原立也
脚本:花田十輝
主な主演:黒沢ともよ、朝井彩加、豊田萌絵、安済知佳

黒沢ともよさんで関連する当ブログで扱いのある記事

上映時間:100分
鑑賞方法:映画館
映画館での鑑賞回数:2回