【映画の感想】HERO(2015年上映版)

感想, 日本映画HERO, 佐藤浩市, 北川景子, 木村拓哉, 松たか子, 福田靖, 鈴木雅之

初めに

東京地検の検事が事件解決の為に奮闘するミステリー作品、コメディ要素も多く含んだ作品でもある、テレビドラマや過去の映画の流れのストーリーを組んでいるが作品を知らない人でも楽しめる様に作られている。

自分が思った感想

ある女性は交通事故で死亡していた、しかしその女性の死には不審点があった、それは車で轢かれているが、なぜか靴を履いていなかった。

その不審点に気がついた検事の久利生公平は東京地検城西支部全体で捜査に当たる事になった。

交通事故の付近にはネウストリア公国の大使館があることに気がつく、久利生たちは事故が起きた付近が大使館だったため、聞き込み捜査を大使館にも行おうとする。

しかし、外交官特権の壁が立ちはだかり、捜査は思いの外進まなかった。

更には外務省欧州局長の松葉圭介は久利生たちの捜査を外交上の違反行為として捜査を止めるように圧力をかける。

久利生たちは被害者のため、また被疑者のためにも、真実を明らかにと考えるが、外務省の松葉とその他の面々は「たかが交通事故」で片付けようとする。

それでも久利生たちは執念で捜査を続けようと考える

個人的にHEROシリーズは初めて見たのだが、コミカルな演出が多く取り入れられており、結構笑いながら楽しむことが出来た。

そしてテレビドラマの続編的な作品ではあるが、検事達が真実を明らかにするために奮闘と内容的にはかなりシンプルな作りになっているが、直感的にわかりやすく

本作はミステリーとコメディを上手く散りばめており、ミステリーの部分は真剣にとことん真実を追求していく、その為には周りの儒教を上手く利用する、人物に助けてもらう、そうなる為にはどのアクションを起こすか?がかなり考えられている。

コメディ部分は、和菓子の種類や何故か全員ダイエット器具を通販で買うなど、「えっ何してるの?」と疑問に感じながらもその部分をしっかりコメディにして、その後の結果もしっかり反映するなど展開の作りも上手いと感じた。

難点を上げるとするならば、本作は外交特権を駆使して捜査の邪魔をするシーンがあるが、この辺りは少々胸クソ悪い展開があるので若干その部分は気になるかも知れない。

最後に一言

検事の視点から描くドラマで、堅苦しさがなく、コメディ要素のお陰で非常に見やすい作品になっている。

テレビドラマの続編を意識すること無く、単体の作品として見られるのでオススメしたい作品といえる。

作品の概要

公開日:2015年7月18日
監督:鈴木雅之
脚本:福田靖
主な出演:木村拓哉、松たか子、北川景子、佐藤浩市
上映時間:119分
鑑賞方法:DVD