【映画の感想】ハンターキラー 潜航せよ

外国映画, 感想アーン・シュミット, ゲイリー・オールドマン, コモン, ジェイミー・モス, ジェラルド・バトラー, ゼイン・ホルツ, ドノヴァン・マーシュ, ハンターキラー 潜航せよ

初めに

潜水艦をテーマにした、スリラー映画、アメリカとロシアの二つの国、そしてアメリカの潜水艦が轟沈されたことから、緊迫状態になっていくが・・・

自分が思った感想

最初に轟沈された潜水艦の話をしよう、それはロシア領でメリカの潜水艦が何者かに轟沈され消息を絶つ、そして軍上層部は轟沈された経緯を確認するために、もう一隻の潜水艦を派遣することを決定する。

一方、ロシア連邦のザカリン大統領は北海にあるポリャルヌイ海軍基地を訪れていたが、ドゥロフ国防大臣率いるタカ派(アメリカ側の人間)がクーデターを起こし、身柄を拘束されてしまった。

ザカリン大統領が拘束され、事態を重く見たアメリカはSEALsを現地に派遣し、情報収集を行いつつ、状況の打開を模索していくのだった。

ジョン・フィスク海軍少将はザカリン大統領を救出する作戦を立て、ドーヴァー米大統領は世界の秩序を守るべく作戦を承認するのだった。

任務を受けた潜水艦はロシア領へ向かうのだった、作戦が失敗すれば戦争の危険性がある。更には海底には探知用センサーなどの配備もあり、死地へ赴くのと変わりが無い状態だった。

地上部隊は、ザカリン大統領を救出するために、ロシアの基地に乗り込むのだった、これも潜水艦同様に死地へ赴くのと同じ状況だった。

本作では潜水艦を肝としているが、潜水艦で戦うシーンと地上部隊が銃撃戦を行うシーンで別れている作品で、潜水艦中心にはなっているが常に海底のシーンではない、その為、潜水艦でドンパチを行う訳でなく少々肩透かしを食らう。

後、見てて困ったのは全体像が把握しづらく、地上部隊は行動がまだ分かりやすいが、潜水艦側の行動が少々分かりづらく個人的には混乱してしまった。

今回把握しづらいのは間違いなく、全体像が複雑だからであり、その内容を2時間で収めているため、細かい説明を省いている様にも感じられた。

とは言いながらも、潜水艦の移動中の緊張感、駆逐艦が発射する魚雷に対処する緊張感は上手く描かれており、この部分だけは出来が良いと感じた。

最後に一言

全体的に見て、把握しづらい作品になっており、おすすめは出来ないなぁって感じた。演出はよく出来ているのでそこは評価したい。

作品の概要

原題:Hunter Killer
日本公開日:2019年4月12日
監督:ドノヴァン・マーシュ
脚本:アーン・シュミット、ジェイミー・モス
主な出演:ジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン、コモン、ゼイン・ホルツ
上映時間:121分
鑑賞方法:Blu-ray