【映画の感想】居眠り磐音

2019年5月24日感想, 日本映画佐々木蔵之介, 居眠り磐音, 木村文乃, 本木克英, 杉野遥亮, 松坂桃李, 柄本佑, 芳根京子, 藤本有紀

初めに

今回、松坂桃李さんが時代劇って事に興味を持ちそのまま映画館へ突撃してきました。当ブログでは初めてとなる邦画作品の感想となります、本作は心優しき浪人ここにありだと感じました。

自分が思った感想

坂崎磐音は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった。

江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。
春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこんからも好意を持たれるように・・・

磐音の風貌は優しく、争いを好まない人柄だが刀を持った時の腕は鋭く、見ていて凄いなぁと思ったくらいだ。

磐音の頭の回転の良さもありそれがストーリーを上手く盛り上げる。幕府を揺るがす陰謀がメインとして出てくる。今作では新しい硬貨がターゲットになっている。

幕府・両替屋・市民等を大きく巻き込む大騒動になるが、その裏をかく人物や動きなどサスペンス映画並の緊張感があった。

本作は磐音がなぜすべてを失い、浪人の身となったかの過程も丁寧に描かれており、磐音の生き様に切なさが溢れてくる。特に過去に触れる時はストーリーの空気が変わるのでその温度差は必見である。

磐音役の松坂桃李さんの剣さばきは凄いと思った、しかも本作では1体1での対決が殆どなので魅せるためには剣さばきが上手くないと盛り上がらないが、そんな事も無く緊迫感のある戦いを堪能できる。侍戦隊シンケンジャーの影響が大きいと思う。

本作は総じて良い要素が多い中、残念な点も見られた、一部の要素は出てくるがフェードアウトしてしまうこと、宍戸文六辺りは見た目悪人何だけど少し出てきてそれっきりとか少々もったいない要素だった。まさか不届き者が原因だった?

若干スッキリしない展開も気になった。流石に原作を全て映画の中で再現は出来ないのである程度の区切りで終わるが、人によってはスッキリしない印象を受ける。

とは言え、希望がある終わり方なのでどの様に解釈するかの楽しみもあるし気になるなら原作を読むと言うのもあるのでここは様々かと思う。

最後に

邦画で時代劇は年に数本程度作られるが、居眠り磐音は特によく出来ている。
松竹映画らしい作風もあるが、松坂桃李さん目当てで見に行っても損は無いしで中々良い作品に出会えたと思った、見に行ってよかった作品だった。

作品の概要

公開日:2019年5月17日
監督:本木克英
脚本:藤本有紀
主演:松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、佐々木蔵之介

松坂桃李さんで関連する当ブログで扱いのある記事

佐々木蔵之介さんで関連する当ブログで扱いのある記事

上映時間:121分
鑑賞方法:映画館
映画館での鑑賞回数:1回