【映画の感想】ラプラスの魔女

感想, 日本映画ラプラスの魔女, 三池崇史, 八津弘幸, 広瀬すず, 東野圭吾, 櫻井翔, 玉木宏, 福士蒼汰, 豊川悦司

初めに

東野圭吾さん原作の小説を映画化、密室ではない空間での硫化水素ガス中毒を使った事件、それは事故か?殺人か?はたして

自分が思った感想

映像プロデューサーの水城義郎が、妻と訪れた赤熊温泉で硫化水素のガス中毒で死亡ことから事件が始まる。事件は温泉で起き、硫化水素のガスと言う事で温泉街の営業に影響が出ないか?など住民が騒ぎ始める。

今回の事件に伴い警察からの調査依頼で地球科学専門の大学教授・青江修介が調査を行うも、まず屋外なので硫化水素のガスでの殺人は不可能で事故であると断言される。しかし、その中で刑事の中岡は諦めきれずに地道に聞き込み捜査を行っていた。

一方、青江は不可能だと言ったものの、考えれば出来なくないのでは?と考えるようになった矢先、今度は別の苫手温泉でれない役者の那須野五郎が硫化水素ガス中毒で死亡する事故が起きる。

今回のキーワードは硫化水素のガスと映画関係者と死亡した人物、共通点はあるものの密接に関連しているようには見えない様になっている。苫手温泉の調査中に赤熊温泉の事故調査中に出会った羽原円華と再会する。

円華は不思議な能力を持っており、子供がこぼしたジュースの流れを事前に把握して自分の持ち物にこぼしたジュースが掛からない様に避けたりと、それを目撃した青江はその光景を不思議がるが、その段階では特に意識はしてなかった。

2つの事故調査の見解に自信が持てなくなっていた青江は、中毒死した水城義郎や那須野五郎のことを調べるうちに、映画監督の甘粕才生のブログに行き当たる。そこには家族に起きた悲惨な事故のこと、そして家族のことが書かれていた。

そのブログには、家族のことが鮮明に書かれており読んでいく内にこれは事件と関わりが無いのは?と考えるようになる。実際その甘粕は事故で家族を失ってから、心が壊れてしまい映画製作が出来ない程になっているからである。

ここから登場人物が一気に増え、甘粕才生の他に息子・謙人、羽原円華の父親・全太朗、ボディーガード・武尾、中岡の上司で刑事課係長・成田、など、全体的な深みが大きく出てくる様になる。

そして本作のタイトルにもなっている、ラプラスの魔女の意味も徐々に明かされて行き、実際は誰がどんな風に動いているか予測がつかない部分が多くこのあたりは結構面白かった。

ただ難点もあり、ラプラスの魔女の意味が少々わかりづらく数回見てようやく理解できるって位難関な作りであること、本作の主人公枠の1人である青江は後半ほぼ空気になる為、見ていて少々混乱してしまう所がある。その他だと、羽原円華役の広瀬すずさんがそこまで演技が上手いってわけでも無いので少し浮いている印象も受けた。

最後に一言

櫻井翔さんが目当てで見たとしても、出番がそこまで多くないので肩透かしを食らうかもしれない、わかりやすい作品でも無いので、見るならわかりやすく作られている、祈りの幕が下りる時や麒麟の翼 ~劇場版 新参者~あたりが良いのかもしれない。

作品の概要

公開日:2018年5月4日
監督:三池崇史
脚本:八津弘幸
主な出演:櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰、豊川悦司、玉木宏
上映時間:116分
鑑賞方法:映画館、Blu-ray
映画館での鑑賞回数:1回