【映画の感想】ステキな金縛り

感想, 日本映画ステキな金縛り, 三谷幸喜, 中井貴一, 深津絵里, 竹内結子, 西田敏行, 阿部寛

初めに

三谷幸喜監督・脚本の映画で、三流の弁護士が事件解決の為に奮闘する法廷コメディ作品、法廷の証人は幽霊落武者?

自分が思った感想

宝生エミは弁護士をしている、しかし将来性は無く、三流弁護士の名前が付くほど実績の無い弁護士だった。宝生の上司にあたる速水は彼女に一つの事件を担当させることを告げる。

その事件内容は妻殺しの容疑で逮捕された矢部五郎の弁護で事件の名前自体は普通だが、殺人現場の証拠は矢部が犯人であることを示唆しており、勝てる見込みのない裁判だった。

宝生に回って来た仕事は誰も担当したがらない「厄介」な事件だった。

しかも逮捕された矢部は証言の中で「その日は旅館で一晩中金縛りにあっていた。落ち武者が私の上にまたがっていて動けなかった」と証言しており、アリバイもなく行く先不透明な事件だった。

そんな中、宝生はその金縛りにあった旅館「しかばね荘」へ赴き実際に金縛りを体験することにした。しかばね荘の女将も宝生の事をチャレンジャーだと思った。宝生は旅館に泊まるが、その夜、ある人物で会う。

それは、落武者の幽霊で金縛りをしていた張本人、更科六兵衛という男だった。

宝生は最初驚くが、六兵衛は宝生が自分の姿が見えていることに驚く、宝生の大声で女将は部屋に向かうが、女将には六兵衛が見えておらず、女将は宝生の動きに疑問を感じるのだった。

しかし宝生は、証人を見つけたことで六兵衛を事務所へ連れ帰る。しかし見えているのは現状宝生だけ、速水は見えていない。

こんな奇妙な状態で無実を立証できるか?幽霊を巻き込んだ法廷バトルがこれから始まるのだった。

しかも六兵衛は夜にしか姿を現すことが出来ず、証人の写真を撮るが幽霊の為、姿が映らない、更には検察の小佐野検事も幽霊の証言は非科学的で認められないと主張してくる。

法廷での審議は混乱の渦に巻きこまれたが、だがある食べ物がキッカケで証言が出来る事が判明する。

幽霊が証人とは前代未聞だが、そんな中、証言が始まっていく、そこで宝生以外にも六兵衛が見えている人物が法廷に居るのだった。

本作では幽霊を使って事件を解決する作品で、作中は法廷がメインだったりするが、一辺倒にならず、飽きさせない作りになっている。それでいてメインの人物の対しては人物像のクローズアップが行われており、全体的にバランスが良いと感じた。

幽霊の六兵衛が見える、見えないの設定も上手く作られており、見える人は共通点を設けて、しっかりと区別を図っているのも見事だった。

六兵衛は400年前の幽霊だが、現代の知識を持っている。本来は時代錯誤な考えを持っていたりするが、テレビとかで現代を覚えたという設定を持っているため、人物として浮いている所が無いもの見事だった。

三谷幸喜監督作品では例に洩れず登場人物がかなり多いが、役割を持たせている人物を絞る事で、分かりやすく描いているのは良く出来ていると思った、しかし幾つか唐突に変わる展開があり、こちらの理解が追い付かない様な展開はいただけなかった。

最後に一言

全体を通して、笑って楽しめる作品になっており、バカバカしい展開も多いがこれが結構面白いので肩の力を抜いてみるのが良いと思う。

三谷幸喜監督作品の中ではかなり取っ付きやすいので手に取ってみるのもいいかもしれない。

作品の概要

公開日:2011年10月29日
監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
主な出演:深津絵里、西田敏行、竹内結子、中井貴一、阿部寛
上映時間:142分
鑑賞方法:Blu-ray