【映画の感想】アウトレイジ

感想, 日本映画アウトレイジ, ビートたけし, 三浦友和, 加瀬亮, 北野武, 椎名桔平

初めに

北野武監督が送るヤクザ映画、アウトレイジシリーズの1作目、主な登場人物たちがヤクザと警察だが、全員悪人で更には下克上、生き残りゲームにもなっている。

自分が思った感想

関東を組織する、巨大な暴力団組織の山王会会長の会長である関内だったが、山王会の傘下の池元組とある商品を取り扱う村瀬組と兄弟の盃を交わしている事に不快感を感じていた。

会長の関内は、個人的な理由で山王会の本家若頭である加藤と共に池元組と村瀬組っで仲違いをさせようとする、池元組は傘下である、組長の池元に命令を下す「村瀬を締めろ」と会長の命令に逆らう事が出来なかった。

しかし、池元とって、村瀬は兄弟分なので事を荒立てる事はしたくなかった、池元は池元組の更に配下の組の大友組に「村瀬を締めろ」と会長が言った内容を丸投げするのだった。

大友は池元組の内容に疑問を感じながらも村瀬を襲撃するのだった、襲撃の場所は歯医者で歯の治療を受けようとしている最中の襲われており、歯医者の診察室で襲われたその際に使われたのは虫歯治療で歯を削るドリル、村瀬は死ななかったが口の中に致命的なダメージを受けるのだった。

そして村瀬組は、村瀬がしゃべれない事をいいことに事実上解散にまで持っていくのだった。関内の締めろは成功を収め、更には池元本人も組が手を出したわけは無いので手を汚さずに済んだりと目的は達成される。

大友は汚れを仕事を押し付けてきた池元に不快感覚える、更には、大友組の若手組員の石原を使い、石原が得意とする英語を駆使して小国のグバナン共和国の在日大使を脅し、大使館の中に闇カジノを作ったりした。そのカジノは大成功を収め、莫大なシノギの手に入れる。

更にカジノである商品を隠れて売っていた事が発覚し、これが火種で大きな抗争へと発展していく

本作は全員悪人と称しているだけあって、中々えげつない演出が多いが、しかしストーリーや人物像は相当練られており、どれがどの様になどの動きがわかりやすく作られている。

登場人物が結構多いにも関わらずまとまりが良いのは見事と言える、基本的に抗争を描いている作品なので騙し合い、裏切りなので結局誰が味方なのか?を考えていくのも面白い。

これは、完全に好みになるが、バカヤローが結構飛び交うのでバカヤローを言った回数を数えてみるのも面白いかもしれない

ただし、演出は相当過激で、目を背けたくなるようなシーンが多く、特に歯医者で村瀬を襲撃するシーンは相当キツイシーンになっている。一部の人物は処刑と言う形で殺されていくので見るに耐えないシーンもある。

逆に言えばバイオレンスシーンが多い分だけあって登場人物の生死がハッキリしているとも言えるので一概に悪いといい切れない所もある。

最後に一言

よく出来たヤクザ映画の1本でバイオレンスシーンが強いので人を選ぶ作品になってはいるもののストーリーや登場人物に関しては光るものがあるので、バイオレンスシーンが大丈夫なら見て頂きたい作品になっている。

作品の概要

公開日:2010年6月12日
監督:北野武
脚本:北野武
主な出演:ビートたけし、椎名桔平、加瀬亮、三浦友和
上映時間:109分
鑑賞方法:Blu-ray