【映画の感想」「レッド・スパロー」決してカップルや家族連れで見ないように、見終わった後、気まずくなることは請け合い

2019年5月11日外国映画, 感想ジェニファー・ローレンス, ジャスティン・ヘイス, ジョエル・エドガートン, フランシス・ローレンス, マティアス・スーナールツ, レッド・スパロー

初めに

2018年3月30日に日本で公開された作品、人生の転落を経験した女性が、第二の人生を女スパイと生きる様を描いた作品、諜報活動をメインとしたスパイ映画

あらすじ(どんな作品?)

類稀な才能と美貌を備えたロシアのバレリーナ、ドミニカ・エゴロワ(役:ジェニファー・ローレンス)は、演技中のパフォーマンスパートナーとの事故により左足を骨折し、バレリーナとしての道を断念する。

手術を終えて退院した彼女のもとに叔父のワーニャ(役:マティアス・スーナールツ)が現れる。彼はドミニカに「長くて半年だぞ」と、国家支援の中で生活する彼女とその母の身を案じる言葉を投げかけ、3ヶ月前に起きた彼女の骨折事故の真実を知らせる。

そして真実を知ったドミニカはある行動を取るのだった・・・その行動は後にドミニカを“スパロー”(スパイ)への道を歩むキッカケになるのだった。

この作品のテーマは?

母親を人質に・・・

ドミニカは母親の生活を保証を得るためにスパイとしての訓練を受けることになる。実質叔父のワーニャに母親を人質に取られたも同然になる。

更にはドミニカはスパイになる前にある事件を起こしており、ワーニャに弱みを完全に握られている状態になっており、為す術もない状態まで陥る。

その為、ドミニカは母親の為にスパイとして身を投じる事になる。

挑発的な行動

ドミニカは弱みを握られようと、強姦されようと、拷問に遭おうと高圧的な態度を取り、その状況を上手く切り抜ける。

これは元々のドミニカの性格でもあり、この高圧的な態度が男性を魅了し、ドミニカの思惑通りにスパイ活動が進んでいく

次のページは?
良かった所と悪かった所を上げていこうと思う