【映画の感想】「レザボア・ドックス ​」クエンティン・タランティーノ監督初作品、彼の作風はここで既に確率していた。

2019年5月10日外国映画, 感想クエンティン・タランティーノ, レザボア・ドッグス, 映画レビュー

初めに

1993年4月24日に日本で公開された作品、クエンティン・タランティーノ監督が初めて監督を努めた作品となっている。

予告編より引用

あらすじ(どんな作品?)

強盗のために集められ、お互いに素性を知らない6人がコードネームとして「色」を使ってお互いに名前を呼び合い、宝石強盗計画を考え実行に起こす。

その6人はこんな名前になっている。

名前
ミスター・ホワイトハーヴェイ・カイテル
ミスター・オレンジ ティム・ロス
ミスター・ブロンドマイケル・マドセン
ミスター・ピンクスティーヴ・ブシェミ
ミスター・ブルーエディ・バンカー
ミスター・ブラウンクエンティン・タランティーノ

しかし事前に警察はこの宝石強盗を把握しており、ミスター・ホワイトと重傷を負ったミスター・オレンジは命からがらアジトに逃げ帰る。

そこにメンバーの一人のミスター・ピンクがアジトに到着し、「この中に裏切り者がいる」と言いここから犯人探しが始めるのだった。

この作品のテーマは?

粗探し

まず、6人で宝石強盗を行う事から始まるのだが、実は最初に話し合う段階で各自の粗探しをしている状態になる。

何気ない会話の中にお互いの粗を見つけそこを叩くと言った感じだが最初の段階では叩くと言うよりからかうに近い感じだが既にその段階で粗探しになっていたりする。

低予算

これは作品の中では無いが、製作時の話になるが、レザボア・ドックスは元々予算がない状態で作られており、製作費は90万ドル程度となり、一般な映画の100分の1程度の製作費用になっている。

その為、出演している俳優さんは私服を着た状態で撮影を行ったりと通常の映画制作では中々巡りあえない状況にもなっている。

作品の中ではないが、一つのテーマになりうるので今回はテーマとした。

タランティーノが初めて監督を担当した作品、この段階でタランティーノ監督の独特な雰囲気がこの時に既に完成してる。

次のページは?
良かった所と悪かった所を上げていこうと思う