【映画の感想】リング

感想, 日本映画リング, 中田秀夫, 中谷美紀, 佐藤仁美, 松嶋菜々子, 松重豊, 真田広之, 竹内結子, 高橋洋

初めに

鈴木光司さんの同名の原作小説を映画化、そして日本映画でホラーブームの火付け役となった作品。

自分が思った感想

ある都市伝説で呪いのビデオと言うものがあり、それを見たものは1週間後に死んでしまうと言う噂が流れていた。

その都市伝説の取材を行っていた、テレビ局の浅川玲子だが、数日前に姪にあたる大石智子が不審な死を遂げていた。

最初は玲子も関連性を気にしなかったが、しかし智子は同じ日・同じ時間で死んでいる事に気がつく、それに気がついた玲子は調査を始める事にした。

不審な死を遂げた人物は4人だが、調べていくうちに交流があった事がわかる。更には伊豆の貸し別荘に宿泊していた事とその時に撮影したフィルムに写る顔が歪んでいた事がわかる。

玲子は実際にその伊豆の貸し別荘に向かう、その貸し別荘ではビデオの貸し出しを行なっていたが、その時背表紙の無いビデオテープを見つけそれを借りる。

玲子はそのビデオ映像を見てしまい、更には直後に無言電話が掛かってきたりと、玲子が調べている内容と同じ現象に遭遇してしまった、更には玲子の写真も死んだ4人と同じ様に歪んでいた。

この呪いのビデオにはあるルールがあった。

  • ビデオの映像を見た人間は写る写真の顔が歪む
  • ビデオの映像を見た人間は1週間後に死んでしまう

そして、今回の呪いのビデオの件に関して、超能力者であり、玲子の元夫である高山竜司に相談を持ちかけるのだった。

この高山は大学で非常勤講師をしており、離婚をする前には二人の間には陽一と言う息子が居た。(親権は玲子が持っている)元々夫婦だったこともあり、玲子の話を聞き、今回の調査に協力をするのだった。

今回の不可解な事件に興味を持った為で、高山に取って今回の件はある意味うってつけの件だったりする。

そして調べを進めていく内に伊豆大島がこの事件と関連することを突き止める。そして、玲子は伊豆大島に出立しようとするが、そこである出来事が起きる。

呪いのビデオを息子の陽一がたまたま見てしまった事、陽一にも呪いが掛かってしまい、二人は陽一の為に呪いを解く術を探すのだった。

本作は、呪いのビデオの謎を解く事を注力しており、ホラー要素とサスペンス要素があるが、どちらかと言うとホラー要素の方が強い。

原作小説と異なりオカルト要素がかなり強い、更に主人公は女性に変更されている。その他では写真の顔が歪むと言う設定も映画独自で呪いが掛かっている事を目で見て判断出来る。

原作小説を知ってると首を傾げるシーンはあるが、原作再現を行うと尺が長くなる事もあり、変更点多くなってる。

例を上げると呪いのビデオの内容は詳細不明なのに対して、冒頭でビデオ映像をが流してる。ただ、直感でわかり易くなってる事は確かなのでこの変更は決して悪い方向での変更は無い。

しかし、尺が思った以上に短くその為、ミステリー要素をごっそり削ぎ落としており、原作を知っていれば知っているほど物足りなさを感じてしまう、わかりやすさを重視しているのは理解出来るけど、ちょっとご都合主義な印象を受ける。

最後に一言

ホラー作品としてみれば、結構怖い作品で演出面を見ても良く出来ている、しかし尺の短さから来るご都合主義は少々いただけなかった。

作品の概要

公開日:1998年1月31日
監督:中田秀夫
脚本:高橋洋
主な出演:松嶋菜々子、中谷美紀、竹内結子、佐藤仁美、松重豊、真田広之

松嶋菜々子さんで関連する当ブログで扱いのある記事

竹内結子さんで関連する当ブログで扱いのある記事

松重豊さんで関連する当ブログで扱いのある記事

上映時間:95分
鑑賞方法:Blu-ray