【映画の感想】貞子3D

感想, 日本映画山本裕典, 瀬戸康史, 田山涼成, 石原さとみ, 英勉, 藤岡美暢, 貞子3D

初めに

鈴木光司さん、原作の「エス」を題材に、ホラー映画、時系列的には「らせん」のその後の話になっている。ただし本作は直接的な続編となっておらず、貞子の系譜系の作品として作られている。

自分が思った感想

最初にネットの生放送で公開自殺と言う名目も動画がアップロードされる。生放送で見た人物はその後に全員同じ時刻に自殺をしていた。

その動画は「呪いの動画」と呼ばれるネットにはゲリラ的にアップロードが続けられた。

主人公である、鮎川茜の勤め先の女子校では、呪いの動画が一部で話題になっていた。

茜の生徒はその動画を見つけた再生するが、その後、自殺をしてしまう、警察は呪いの動画との関連性は無いと考えていた。

自殺した、生徒の後追いをする様に呪いの動画を探す生徒が女子校内におり、その女子高生はその動画を見つけるのだった。

ただ、それを見つけた茜は、呪いの動画から髪の長い女が出てきて生徒を襲っているのを見て咄嗟に助ける。

その時、「お前だ」と一言残して髪の長い女消えていくのだった。

茜は呪いの動画と髪の長い女に関わった事で運命が大きく変わるのだった。

今作の目的をざっくり言うと、既に死んでいる貞子の復活を行うための過程を描いている。

呪いの動画は過去の呪いのビデオとなっており、今回はネット上でアップロードされた動画が消されては別に場所で復活をすると言う設定を取り入れている。

その為、動画が「移動」をすると言う設定を作り出している。

作品の途中で「エス」と出てくるのは貞子のローマ字読みの先頭のsadakoの「S」になっている。

ただ、シリーズ作品して考えるとかなり異様な作品で、貞子自身が殺人モンスターして降臨するなど、呪いとは大分異なる展開なっており、過去作のシリーズを知っていると結構違和感がある。

更に言うとホラー作品だけど、怖がらせ方が驚かせる方向に進んでおり、霊体的なホラーでは無くなっているのでこれも違和感になると思う。

しかし、茜を追い詰める演出系は若干クドい部分はあるけど、恐怖で煽る部分は決して悪くない、完全に驚かせる方向に持っていているので、その部分は仕方無いかなぁって思った。

実は茜はシリーズの中で一番強いかも知れない、見ればわかる

まぁ、続編ありきで作ってしまっているのでスッキリしない終わり方をするのは好みが分かれる所か

最後に一言

一応リングシリーズを全く知らなくても問題無い様に作られている作品で、一部釈然としない部分があるが、作りはそこまで悪く無いので気になったら手に取るのも悪くないと思う。

作品の概要

公開日:2012年5月12日
監督:英勉
脚本:英勉、藤岡美暢
主な出演:石原さとみ、瀬戸康史、山本裕典、田山涼成
上映時間:96分
鑑賞方法:DVD