【映画の感想】スターウォーズ フォースの覚醒 ​

2019年4月16日外国映画, 感想STAR WARS, カイロ・レン, スターウォーズ, ハリソン・フォード, レイ・デイジー

初めに

映画館に見に行かなかったが予告編だけは映画館で見ていると言うチグハグな思い出が個人的にあるスターウォーズ フォースの覚醒の感想を書きますを。

予告編より引用

エピソード7~9の完結へ向けた新たなるスターウォーズ 3部作の1作目である。

新たな登場人物をどうみるか?

作品の概要

原題:Star Wars:The Force Awakens
日本公開日:2016年12月17日
監督:J・J・エイブラムス
主な代表作:ミッション・インポッシブル フォールアウト
脚本:J・J・エイブラムス
   ローレンス・カスダン
   マイケル・アーント
主な代表作:J・J・エイブラムス(ミッション・インポッシブル フォールアウト)
      ローレンス・カスダン(ハン・ソロ スター・ウォーズ ストーリー)
      マイケル・アーント(トイ・ストーリー3)
出演:ハリソン・フォード
   アダム・ドライバー
   デイジー・リドリー
主な出演作:ハリソン・フォード(地獄の黙示録、ブレードランナー2049)
      アダム・ドライバー(スターウォーズ 最後のジェダイ)
      デイジー・リドリー(オリエント急行殺人事件(2017年))
上映時間:136分
鑑賞方法:Blu-ray

おことわり

シリーズ作品の性質上、前作のネタバレ等が含まれます。

作品紹介

砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独な女性レイは、謎のドロイドBB-8と、ストームトルーパーの脱走兵フィンと出会い運命が一変する。

一方、十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン率いる帝国軍の残党である
ファースト・オーダーは、 消えたとされる最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの行方を追っていた。ハン・ソロ、チューバッカ、R2-D2、C-3POら不朽のキャラクターたちも登場し、フォースを巡る<新たなる伝説>が幕を開ける。
※公式サイトより引用

評価点

1.新しいキャラクター

主人公も含めて、人物が一新されている過去作からの人物も踏まえて、更に盛り上がった感じを受ける。
特にジョン・ボイエガが演じる脱走兵フィンの存在がいい感じだった。
作中に苦悩するシーンなど、脱走兵ならでは設定を上手く生かしている。
帝国軍の残党から脱走するトルーパーって言うのも面白い

予告編より引用

2.今までの人物にもスポットを

渋く更にカッコいい、ハン・ソロを拝む事が出来る、チューバッカとのコンビも性格や行動は相変わらずでソロが好きな人には満足出来ると思う。

予告編より引用

3.技術進歩による磨かれた演出

最新のCG演出を含めダイナミックになってる。
特に宇宙戦に関しては迫力が凄かった。カイロ・レンが持つ、十字型ライトセーバーは斬新だった。
メカが4本腕でライトセーバーを振るうより良かった。

予告編より引用

4.ファースト・オーダー

新たな勢力ファースト・オーダーは帝国に無い魅力がある、かつての帝国軍みたいに、兵士を消耗品扱いに出来なかったりするが、強大な力は健在だったりと残党とは思えない所がある。

悪い点

1.何回目のデス・スター

一部シーンが過去からの焼き増しに見えてしまう、特にデス・スター関連はもういいよって言いたくなった・・・
惑星まるごとデス・スターってアイディア自体は斬新なんだけどね。

2.カイロ・レン = ダース・ベイダー

アダム・ドライバーが演じるカイロ・レンをどう見るかで評価は変わると思う、彼を新たな魅力と見るか、ダース・ベイダーの焼き増しと見るかである。
レンに関してはダース・ベイダーの後継足りうる設定はきちんとしている。

3.終わり方に難あり

これも3部作として作られている事なので仕方ないが、知れ切れトンボで終わってしまう事か、数分前の宇宙船で飛び立つシーンでエンドロールの方が区切りが良かったと思う。

4.主人公は誰ですか?

作品の出来に直接関係ないが、何故か主人公がレイ・デイジーなのに主演の扱いが何故か作中ほぼ出てこないルーク・スカイウォーカーが全面に出ている。
過去のファンを取り込みたいのは分かるが・・・レイを前面に出しましょうよ・・・

最後に

新たなシリーズとして、良いスタートと見るか焼き増しと見るかで評価は変わるが、それでも新しい魅力はあるし見ていて面白いと感じた。
個人的には孤独な女性レイより脱走兵のフィン方に魅力を感じた。