【映画の感想】96時間

外国映画, 感想96時間, ピエール・モレル, ファムケ・ヤンセン, マギー・グレイス, リュック・ベッソン, リーアム・ニーソン, ロバート・マーク・ケイメン

初めに

さらわれた娘を助け出せ!娘を助ける為に、元CIA工作員のお父さんが奮闘するアクション映画

自分が思った感想

96時間それは誘拐事件の被害者が無事でいられると考えられる猶予期間

誘拐される少し前に遡る、カリフォルニア州に暮らす元CIA工作員のブライアンは、離婚した妻レノーアと裕福な再婚相手スチュアートと共に暮らす、17歳の実娘キムと親しい関係を保とうと努力する。

ブライアンとレノーアが離婚した理由は、家庭を顧みない事、レノーアはそれに愛想を尽かし離婚するのだった。

そんな中ブライアンは人気女性歌手のシーラのコンサートでボディーガードの仕事の依頼を受ける、報酬もそこそこ良く、元CIAだったこともありボディーガードとしての腕前は抜群だった。

仕事中にブライアンは暴力的なストーカーからシーラを救う、シーラはそのお礼がしたいと言う事で、キムの手助けを名乗り出る。

シーラとキムを引き合わせると言う約束をシーラと行う当日、キムが来る前にレノーアが現れ、友達のアマンダと2人だけでパリ旅行に行きたいと、実父のブライアンの元に許可書へのサインを求めてくる。

最初はブライアンは反対するが、条件を付ける事で許可をするのだった。

パリ旅行出発当日、実際には二人がU2のヨーロッパ・ツアーを追いかけようとしていることを知る。

キムとアマンダはパリに着いた後、タクシーに乗るが、その前にピーターと名乗る若い男と知り合い、タクシーをシェアするのだった。

二人は自分が寝泊まりする部屋で今後の事を考えながら楽しく過ごす、しかしそれはつかの間の出来事だった。

タクシーをシェアした時に、二人の住所がわかってしまっ為、二人は誘拐犯に狙われてしまうのだった。

キムはアマンダが誘拐される別の部屋でブライアンと電話で会話をしていた為、状況をそのまま報告するのだが、そのキムも誘拐されてしまう。

しかし、ある程度話を聞いていたブライアンは自らパリに趣き、娘の救出を考え、元CIAのブライアン、腕前は確か自分の腕と過去の経験を活かし、単独でパリに向かうのだった。

まず、作品としてだが、内容はかなりシンプルで「娘を救出する」その焦点に絞っている作品で、道中に出てくる人物はブライアンに深くかかわる事が無い。

その為、ブライアン旧友や元上司などは出てきても同様に深く関わらないと言う部分はブレず、救出の為の1つのピースでしかない所が面白い所。

この作品の誘拐犯は組織を持っているが、逮捕に踏み切る場合は逮捕側も大きな部隊を用意して戦ったりするがそれも無くある意味珍しく展開になっている。

しかし、シンプルであると同時に地味な印象を受けてしまう、ブライアンの奮闘記として見るならいいかもしれないが、後半部分もブライアン一人で進んでいくので、この部分は気になるかもしれない。

これは好みの問題だが、ブライアンは元CIAだが、元CIAとは思えないほどの手段を選ばない行動を取る為、行動に事態に違和感を感じる事もあった。

だからこそ出来る行動でもあるので本当にここは好みになると思う。

最後に一言

シンプルだけど、だけどブレずにストーリーが進んでいく為、見やすい作品と言える。ブライアンの行動をどう見るかで評価が変わる作品なのかなって思った。

作品の概要

原題:Taken
日本公開日:2009年8月22日
監督:ピエール・モレル
脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
主な出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン
上映時間:93分
鑑賞方法:Blu-ray