【映画の感想】ターミネーター:ニュー・フェイト

外国映画, 感想アーノルド・シュワルツェネッガー, ジャスティン・ローズ, ターミネーター:ニュー・フェイト, ティム・ミラー, デヴィッド・S・ゴイヤー, ナタリア・レイエス, ビリー・レイ, ブレッド・アザー, マッケンジー・デイヴィス, リンダ・ハミルトン

初めに

ターミネーター2の正式な続編として制作、舞台は2020年の現在にしており、現在存在するテクノロジーとターミネーターはどの様に動くかが見所にもなっている。

自分が思った感想

まず、ターミネーター2ので起きた事件の1998年、T-1000型ターミネーターと死闘に勝ち、スカイネットの計画を阻止した。

それから3年後の2001年、サラ・コナーは息子で10代になったジョン・コナーと休暇を取っていたが、そこに突如T-800が現れる。

サラはT-800を止めようとするが、しかし力量差もあり、サラは手を出すことが出来なかった、サラは抵抗出来ないまま、T-800の手によってジョンは殺されてしまうのだった。

そのT-800は1998年から送られて来たターミネーターで1998年の地点でサラ達が倒したターミネーターと同型が送られていたのだった。

今回はターミネーター3と別の道を行くストーリーでその後は2020年が舞台となる。既に滅んでいるスカイネット、殺されたジョン・コナーとターミネーターとサラ・コナーを除けば全てが新しい展開として進んでいく事になる。

2020年、メキシコのある橋でターミネーターがやって来た時同様に突如人が現れる。今回は女性でターミネーターで無く、ターミネーター並に強化された人間でありその女性はグレイスと名乗り、助けてくれたカップルの車と衣類を奪い去っていく。

もう一つ同じメキシコの住宅街で人が現れる、こちらはターミネーターの新型 REV-9で男性の姿をしていた。現れた直後、洗濯物を持っていた人の衣類に触れ、全裸だったのが一瞬にして服を着ている状態に切り替わる。

更に同じくメキシコで、ラモス家族は姉弟のダニ-、ディエゴは共に働いている自動車工場で仕事をしていた。そこに父が現れ、ダニ-にお弁当を忘れていたといいながらお弁当を届けに来た、しかしダニ-はお弁当をもって来ており、父の行動に疑問を持っていた。

それと同時に、自動車工場にグレイスもやって来ており、ダニ-の父がダニーに近寄ると近寄ろうとするのをショットガンを撃ち阻止しようとする。

ダニ-は驚くが、父の顔の下が機械になっていた。その機械の人間がターミネーター REV-9であり、REV-9はダニ-の父を殺害し外見をコピーしていた。

自動車工場の中でグレイスとREV-9は戦いをするが、REV-9に決定的な致命傷を与える事が出来無かった。

ダニ-、ディエゴ、グレイスの3人は外にある車を奪いREV-9から逃げるが同様にREV-9も車に乗って追いかけて来ており、次第に追いつかれてしまう。

追いつかれてしまう前にグレイスはREV-9に対して金属の棒を投げるがREV-9は避けるだけではなく、金属に侵食をし、別のターミネーターと分離をする

  • 分裂したターミネーターは車の運転
  • REV-9はグレイスと戦う

と言う事になり、一気に劣勢になってしまう。

更に交戦している最中に事故が起き、ディエゴが死亡してしまう、絶体絶命だと思ったとき、ショットガンを持った初老の女性が現れ、REV-9の動きを止める。

その女性がREV-9の状態を確認している最中、グレイスはその女性の車を奪いダニ-と一緒に逃げるのだった。

本作は、基本的に女性3人を中心でストーリーが進んで行く

  • ダニ-はREV-9から命を狙われる
  • グレイスはダニ-を守る為、未来から来た
  • サラ・コナーは謎のメッセージを元に二人の元にやってきている。

目的は基本的にダニ-を死なせない事なので、2のジョン・コナーを死なせない事と同様に2人はダニ-命を守ることに専念する。

そして、ジョン・コナーを殺したT-800も意外な形で、ダニ-達と協力関係になる。(サラはジョンを殺された経緯があるので物凄く険悪ムードになるが)

その他では、ネット技術が発展している事もあり、ドローンや監視カメラを駆使して、どんな距離からでもダニ-を探し出すREV-9はめちゃくちゃ有能でターミネーターと現在の技術の組み合わせは驚異と言っていい。

スマートフォンを1つで位置情報を簡単に割り出せるし、スマホが無くても少し歩けばコンビニなどのお店の監視カメラがあるのでそこから割り出せる等、現代ネタを上手く使っている。

後は、CG技術が発達した事もあり、特にREV-9の外見乗っ取り等は上手く使っている。

ただし、2の続編である事のだが、別の未来線になっているとは正直2とやっていることが変わらないという所は気になった。

最後に一言

ターミネーターの新しい世界と言っていい作品で、面白い作品である事は間違い無いのだが、名作のターミネーター2の続編なので見方によっては蛇足感が拭えないのも正直な感想

作品の概要

原題:Terminator : Dark Fate
日本公開日:
監督:ティム・ミラー
脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー、ジャスティン・ローズ、ビリー・レイ
主な出演:リンダ・ハミルトン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブレッド・アザー、マッケンジー・デイヴィス、ナタリア・レイエス
上映時間:128分
鑑賞方法:映画館
映画館での鑑賞回数:1回