【映画の感想】言の葉の庭

劇場アニメ, 感想入野自由, 新海誠, 花澤香菜, 言の葉の庭

初めに

新海誠監督の作品で、雨が降っているある庭園、出会いがキッカケの恋の物語

自分が思った感想

靴職人を目指す高校生の秋月孝雄は、雨が降った日は必ず1限目の授業をサボり、庭園で雨宿り出来る場所で靴のデザインを考えているのだった。

そんなある日、また雨が降った日に孝雄は、同じく庭園でチョコレートをつまみにビールを飲んでいる女性と出会う。

最初はお互い、全く接点を持たず、孝雄は靴のデザインに集中していた。そんな時、孝雄は靴のデザイン描いている時に消しゴムを落とす。

その消しゴムはビールを飲んでいた女性が拾い孝雄に渡す。孝雄はその女性に礼をいいつつも、どこかで会ったかと孝雄が尋ねる。その雪野と言う女性はそれを否定し、孝雄にある短歌を言い残して去っていった。

それは万葉集の短歌 「雷神(なるかみ)の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」 だった。

本作の冒頭では、東京新宿の周辺等が描写されるが、それがとても美麗、だけど雨が降っているので、雰囲気的に儚い印象を受ける。

ただ雨が常に降っているのでは無く、6月と言う梅雨の時期と言うのを上手く使っている。

当然、梅雨を過ぎれば、雨が降らない日も出てくる。孝雄と雪野が交流するのは決まって雨の日だけになっている。だけど、お互いに約束してる訳でもなく、孝雄が雨宿り出来る所を庭園にしているからもある所も注目したい。

本作では靴も一つのテーマになっており。

  • 孝雄は靴を作ろうとする少年
  • 雪野は歩き方を見失った大人

お互いに靴と歩くと言う意味での共通点になっている。

その雨の日の出会いを重ねてお互いの距離を徐々に縮めていく、ストーリーが進んでいく内に二人の特徴が見えてくる。

  • 孝雄は料理が得意だけど、雪野は料理が苦手と言うか味覚音痴
  • 孝雄は雨の日は決まってサボるが、サボる時はお昼頃までサボっている
  • 孝雄は専門学校と靴のデザインの為にバイトをしてお金をためている。
  • 雪野は仕事をサボって庭園、来ていたりする。
  • 雪野には元彼がおり、時折連絡を取っている。

更に特徴付けるとすれば、6月、7月、8月、9月と季節の描き方も見事で

  • 6月 二人が出会う
  • 7月 孝雄は雪野の靴を作る為、実際の足の形やデッサンなどを形どる
  • 8月 雨が降る事も無く、二人が会うことが無かった。
  • 9月 庭園以外で以外な形で再会をする。

その月にあわせた雰囲気作りにメリハリがあり、とても良く作られていると感じるが、いくつか気になった所があった。気になるのは人物の描写が弱く、印象に残りづらい。

孝雄と雪野の周りの人物は登場するがほんの少ししか出てこない上に、ストーリーに絡まないため、いる意味があるのか?と感じてしまった部分がある。

もう一つ言うと孝雄と雪野の年齢の差を感じる部分がセリフでしか感じられず、パッと見では孝雄が大人びている関係で高校1年生の15歳に見えない。

最後に一言

全体を通して、絵の描写は見事だけど、ストーリーは少々微妙に感じる。恋の物語としては悪くない作品だが、もう少しストーリーを盛ってくれればもっと化けるのでは?と感じた作品。

そういった意味で賛否が分かれるのは凄く理解できる。

それと新宿御苑にアルコール類は持ち込んじゃ駄目だぞ!

作品の概要

公開日:2013年5月31日
監督:新海誠
脚本:新海誠

新海誠さんで関連する当ブログで扱いのある記事

主な出演:入野自由、花澤香菜
上映時間:46分
鑑賞方法:アマゾンプライムビデオ