【映画の感想】アルキメデスの大戦

感想, 日本映画アルキメデスの大戦, 國村隼, 山崎貴, 柄本佑, 浜辺美波, 舘ひろし, 菅田将暉

初めに

三田紀房さん原作のコミックを実写化した作品で、艦、戦闘機など旧日本海軍の兵器開発・製造をテーマにした作品になっている。

自分が思った感想

1945年4月7日、大日本帝国海軍の巨大戦艦大和は、アメリカ軍の魚雷と爆撃による猛攻を受け、沈没していった。軍事力の差が大きい日本とアメリカでは巨大戦艦を用いても日本を勝利に導くことは出来なかった。

大和轟沈から遡る事、1933年海軍では新造艦をめぐる会議が行われており、永野修身中将と山本五十六少将は、来る航空戦に備え航空母艦の必要性を説くのだった。

その会議で、平山忠道技術中将が提示した、巨大戦艦案に大艦巨砲主義派の嶋田繁太郎少将はその案を受け入れようとする。

更には巨大戦艦の模型用意し嶋田少将は感動し、同席の大角岑生大臣も大型戦艦の方が空母より予算が少ないこともあり、一旦は大型戦艦を建造する方向で話が進んでいくのだった。

だが、空母建造派の永野中将と山本少将は、大型戦艦の建造費が空母より安い事に気が付くしかし、大型戦艦の見積もりには虚偽があると考える。予算決定は2週間で大型戦艦の予算の計算は不可能と考える。

永野中将がたまたま大型戦艦の件で話をしていた場所が料亭でだった、硬いな話は辞め、宴会の席としようとした所、そこで豪遊する学生服姿の若者がいる事が告げられる。気になった永野中将、山本少将は、豪遊する学生が気になり会いに行くのだった。

それは櫂直と言う男で、最初永野中将、山本少将と出会ったと時、櫂の軍人嫌いという事もあり、まともに話す事もなかった。だがここで櫂は物差し持ち出し図った内容を瞬時に計算を行うのだった。山本少将は彼の計算能力の高さに気がついた。

計算能力高さでは海軍でも右に出るものは居なかった。なんてしてでも山本少将は櫂に大型戦艦の見積計算を行わせようとプリンストン大学へ留学しようとする櫂を「国民に幻想を与える戦艦案を廃し、戦争を阻止する」と説得し、櫂を海軍に引き入れるのだった。

櫂には階級と個室を与え、見積計算を行おうとするが資料が殆どなく、資料の提示を要求するがことごとく拒否される。

困り果てた櫂は実際の戦艦に乗り、自ら寸法を測る方法で手探りで資料を用意することを考える。実際に乗った戦艦を元に設計図を作っていくのだった。

本作は戦争がメインではなく、大型戦艦の見積の不正を暴くサスペンスに近い作品になっている。戦艦大和が出てくるのは最初だけで、大和が沈んでいく様子を描いて、過去に遡り、建造のルーツへ進むという構造になっている。

主人公である櫂直はかなりの変わり者で、数字が絡むととんでもない計算能力をだす青年で、軍人が嫌いのは無駄なお金の使い方で、これも計算能力が故にトラブルを起こしたりと、順風満帆ではない様子が描かれているので面白い。

作品の展開もテンポが非常によく、2時間強作品ながら、長さを感じない作りは見事と言って良い。主人公の櫂直を演じる菅田将暉さんの迫った演技は中々ものだった。

良い作品だが欠点もあり、最初に出てくる大和がCG感バリバリでVFXを使用しているがリアリティの無いVFX演出は結構気になった。戦艦とか戦って居るのに小綺麗に見えるとかありえない。

それと、ソコソコ専門用語が出てくるがある程度、専門用語に対する知識が無いとチンプンカンプンになってしまう。

テロップとかの演出があればよかったなぁって思った。折角良く出来ているだけに勿体ないと思った。

最後に一言

全体的に見て良く出来ている作品で、一部難があるものの見ていて面白い作品だった。テンポもよくダレることが無いので個人的にはお勧めしたい作品の一つである

作品の概要

公開日:2019年7月26日
監督:山崎貴
脚本:山崎貴
主な出演:菅田将暉、柄本佑、舘ひろし、國村隼、浜辺美波
上映時間:130分
鑑賞方法:Blu-ray