【映画の感想】死霊館のシスター

外国映画, 感想ゲイリー・ドーベルマン, コリン・ハーディ, ジョナ・ブロケ, タイッサ・ファーミガ, デミアン・ビチル, 死霊館, 死霊館のシスター

初めに

死霊館シリーズのスピンオフ作品となっており、時系列では一番古い作品になる。それとエンフィールド事件に登場する、悪魔のシスター・ヴァラクのルーツの前日譚にもなっている。

自分が思った感想

まずは、ウォーレン夫婦が大学でルーマニアの修道院で起きた、悪魔召喚についての講義を行う所から始まる。本作は暗黒時代になぜ悪魔召喚が行われたか?を振り返る作品で、今までの死霊館とは趣きが異なる作品でもある。

時に1952年、2人の修道女が暗い地下墓地の廊下を歩いていた。キリストの血で悪魔を封印しようと試みたが、1人が襲われ、更にもう1人の修道女にある鍵を託し犠牲となってしまった。修道女は悪魔に憑依されない様に大罪であるが首を吊って自殺してしまう。

数日後、フレンチという青年が物資を運びに修道院に立ち寄り、遺体を発見。これによりヴァチカンが調査の為、バーク神父と見習いの修道女アイリーンを派遣する。

教会はアイリーンは土地勘があるとバーグ神父に伝えるが、アイリーン本人は言った事が無いと言い、最初は派遣を断るがバーグ神父の説得の元、一緒にヴァチカンへと赴く。

修道女の自殺・教会の嘘と最初から何が正しいのかがわからない様になっている。バーグ神父が教会に対し不信感を抱くのは無理が無いと感じた。ヴァチカンの修道院赴いた後も、修道院では最初は足蹴にさえるなど、全体的に裏があるなと思わせる展開になっている。

修道院の調査をバーグ神父は申し出るが、修道院側は翌日にして欲しいと言い、客間にアイリーンと共に修道院に泊まる事になったが、その夜不可解な事が起きる。

夜に目が覚めたバーグ神父は辺りに不信を感じ外に出るが、出た先は墓場で、バーグ神父は罠にはめられ墓の棺に閉じ込められ埋められてしまう。

そして、その後、アイリーンも目覚めるが、バーグ神父がおらず気になって探しに行く、その時にが吹き墓場にあった鈴がなり、気になってアイリーンは見に行くがその際にバーグ神父が埋められる事に気が付く(バーグ神父が棺の中で外に向けている鈴を力強く鳴らしていたから気が付いたところもある。)そしてアイリーンはバーグ神父を助け出すがここで二人は更に不信感を募らせるのであった。

基本的に前半部分は不安を煽る感じの演出が多く、作中のバーグ神父とアイリーンが心理的に不安に陥っていく感じが上手く演出されている。全体的な暗めな雰囲気もいい感じになっている。

そして翌日、バーグ神父は改めて修道院の調査を行う、その際アイリーンとは別行動を事になる。そこでこの不可解な現象の仕業はヴァラクの仕業だと言う事を突き止める。バーグ神父、アイリーン、そして馬車で迎えに来たフレンチと共にヴァラクを封印する戦いが始まる。

この辺りの戦いは神父らしい封印を行う戦い方なのと、ヴァラクも封印されまいと抵抗をするが中々この辺りはよく出来ていたが、ただ本作ホラー作品だが少しホラーと趣きが異なる事と、肝心なホラー演出はカメラワークで展開が読めてしまうと言う少々お粗末な部分も多々見られた。

更に言うと死霊館シリーズはどちらかと言うと超常現象系の演出が多く、何故現象が起きているかを調べるシーンが多くあるが、本作の場合ヴァラクと判明している為、正体がしている状態での対決シーンが多く取られている所もシリーズと大きく異なる所でもある。

それでも展開が読める人から見ると確実に興覚めしてしまう所はマイナス点で、雰囲気は悪くないだけも勿体無い印象も受ける。もちろん展開が読めずに楽しめたって人もいるのでホラー作品慣れしてない人向けなのかなぁ、と感じる所もあった。

最後に一言

正直に言うとあまり面白いとは思えない作品、ただ死霊館シリーズを全く知らなくても見られる作品である事は評価出来る。2016年に公開された死霊館 エンフィールド事件を知っているとなお楽しめるのではないだろうか?

作品の概要

原題:The Nun
日本公開日:2018年9月21日
監督:コリン・ハーディ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
主な出演:タイッサ・ファーミガ、デミアン・ビチル、ジョナ・ブロケ
上映時間:96分
鑑賞方法:映画館、Blu-ray
映画館での鑑賞回数:1回