【映画の感想】ロスト・バケーション

外国映画, 感想アンソニー・ジャスウィンスキー, オスカル・ハエナダ, ジャウム・コレット=セラ, セドナ・レッグ, ブレイク・ライブリー, ブレット・カレン, ロスト・バケーション

初めに

亡き母が教えてくれた、ビーチで起きる一つの事件、最高の一日だったはずが最悪な一日になってしまう、そんな一人の女性を一日を描いた作品。

自分が思った感想

医学生のナンシーは休暇を利用して、ビーチに訪れていた、そのビーチは名の無いビーチで。亡き母が教えてくれた秘密の場所だった。

地元の人達もその場所を知っている人が殆ど居ないので数人のサーファーが波乗りをしているくらいで波も穏やかで静かな場所でナンシーは心を落ち着ける。

ナンシーには医師となる為の勉強漬けの日々から解放を同時に、医師になる意味を見いだせず、この休暇を最後に医師を道を諦める事を決意するのだった。

本作は基本的にビーチと沖だけでストーリーが完結するようになっているが、カメラワークが見事でサーフィンを楽しんでいる様子は映像の早送りやスローを駆使して、波に乗っている見所を上手く表現している。

サーフィンの様子は海の中からも撮影が行われており、下からサーフィンをしている様子を見るのは中々新鮮だったりする。

ナンシーは既にサーフィンを楽しんでいる男性と話をするが、ナンシーがこのビーチでサーフィンをするのが初めてだと言うと、ビーチでの注意点をナンシーに教えるのだった。

  • 引き潮の際、一部の岩が島みたいになる
  • 火傷サンゴ(触るとやけどするサンゴ)

一度サーフィンを楽しんだ後、ナンシー一旦休憩を挟むがスマホには妹からの電話が入る、話をしていく内にに父が割り込み、ナンシーが医師の道を諦める事を辞める様に説得をするがナンシーが聞く耳を持たなかった。

電話を切ったナンシーは、憂鬱な気分を忘れて、サーフィンを再度楽しむ事にした。先程までサーフィンをしていた男性は砂浜に戻って行きナンシー一人になった。

これからサーフィンを暗くなる前に楽しもうかと思った矢先にイルカがナンシーの回りを泳いだりとビーチならではの出来事に遭遇しナンシーは微笑む。

だが、沢山のカモメが鳴いている事に気が付きその方向に向くと浮いているクジラの死骸を目にするのだった。クジラの死骸から漂う異臭をから背こうとしたらとたんにバランス崩しサーフボードからナンシーは落ちてしまう。

落ちたナンシーは再度サーフボードに乗り、安全な方法で砂浜に戻ることを考える。今の状態ではサーフィンどころではないと思いながら、砂浜に戻ろうとするが、その際になにかにぶつかり、体を打ちつける、その後、何かに襲われ足を怪我する。

ナンシー急いで、近くにあったクジラの死骸の上に逃げるが、ナンシーを襲ったのはサメだった。足を怪我したナンシーはまともに泳ぐことも出来ず、助けを呼ぶが砂浜から離れすぎている為、ナンシーに気がつく事は無かった。

一人になったナンシーは足を怪我して、まともに泳ぐことが出来ない、しかし回りはサメが巡回しており、更にはナンシーの足の怪我で出血した血の匂いで興奮しており、ナンシーを既に獲物として捕らえていた。

砂浜まで大きな距離ではないが、泳いでいく事が出来ず、近くにあるブイに向かって泳いでいこうと考える。しかしクジラの死骸はサメの体当たりでその場にいる事が出来ず、なんとか泳いで近くの引き潮で出来た岩になんとか辿り着く。

ナンシーの足の怪我が深刻になるなか、ブイへの移動を考えるのだった。

本作では、誰かに頼ると言う事が出来ず、怪我をしたナンシーがどの様にサメに対処するかと言う所を焦点に置いており、その為、出演者は少なく、全体の7割以上はサメとナンシーだけと言う状態になる。

面白いのは回りは綺麗な光景だけど、ナンシーだけが緊迫状態と言う、ギャップが良く出来ており作品の目的は非常にシンプルだが、同時に奥深さもある。

その他だと、ナンシーは医師を目指していた事もあり、怪我をしても応急処置を自ら行い、人体に関しては最悪の状況にならない様にしていたり、背後関係の設定も上手く活かしており無駄が少ない所も評価したい。

ただこれは難点と言えるのか微妙な所だが、本作の原題はThe Shallowsで浅瀬になっており、邦題はロスト・バケーションになっているが、直訳すると「失った休暇」だが、そもそも休暇としてでは無く逃避行でビーチに来ているので邦題はある意味間違っているとも言える。

最後に一言

サメ映画は色々あるが、本作は尺が短いながらもまとまりも良く緊張感もキチンと出ておりよく出来た作品だと思う。

登場人物が少ないので全体像の把握もしやすいので、見やすい作品だと感じた。

作品の概要

原題:The Shallows
日本公開日:2016年7月23日
監督:ジャウム・コレット=セラ
脚本:アンソニー・ジャスウィンスキー
主な出演:ブレイク・ライブリー、オスカル・ハエナダ、ブレット・カレン、セドナ・レッグ
上映時間:86分
鑑賞方法:アマゾンプライムビデオ