【映画の感想】アス

外国映画, 感想アス, ウィンストン・デューク, エリザベス・モス, ジョーダン・ピール, ルピタ・ニョンゴ

初めに

ドッペルゲンガーをテーマにしたホラー作品、自分たちと瓜二つの姿をした集団に遭遇した一家に起こる事件とは?

自分が思った感想

主人公のアデレード・ウィルソンはまだ小さかった、それは1986年のことだった、アデレードは両親に連れられ、行楽地に訪れるが、その際、ビーチに建てられたミラーハウスに迷い込む。

その時、アデレードは自分そっくりな女の子と出会い、そのショックで失語症になってしまう。

時が過ぎ大人に成長したアデレードは失語症を克服し、夫と二人の子を持つ母になっていた。

ウィルソン一家はある日、ビーチハウスを訪れる。反対するアデレードを説得し、一家はビーチへ出かける。

そしてその夜、アデレードは夫ゲイブに、昔この場所で起こった出来事によってトラウマを負ったことを打ち明ける。

なぜ、トラウマを打ち明けたか、それは子供の頃、失語症の原因になったビーチに来たからであった。

その後、停電で起き、電気が戻った際、周りを見渡すと玄関付近に怪しい4人組の不審者が立っていた。

ゲイブはその不審者を追い払おうとするが、しかしその4人組は屋内に押し入ってきた、顔をよく見ると、その4人はウィルソン一家そっくりな人物だった。

今作では瓜二つ人物が現れ、そこで瓜二つの人物同士で殺し合いを行う、ドッペルゲンガー側は非常に好戦的でウィルソン一家を脅し最初は主導権を握る。

その際の演出はかなり怖く、見た目の怖さよりも心理的な怖さを追求してくるので、パニック系のホラー作品ではないので、そういった意味では結構怖かった。

ドッペルゲンガーの演出は似た人間を用意するのではなく、同じ人物を使って撮影しており、体格が異なるとかそういった事はないだけでなく、違和感なく作られており演出が非常に際立っているのがわかる。

いくつか気になった所もあった、まず夜のシーンでドッペルゲンガーが登場するのだが明かりがないシーンとか少し多く、映像的に見づらさを感じてしまった。

規模の大きさと不気味さとかはよく出来ているが少々分かりづらい部分もあり、1回見ただけで把握するのは難しく感じた。

最後に一言

心理的な演出を使ったホラーとしてはかなり良く出来ており、結構面白かった、ただ1度で内容を把握しづらい部分は少々残念だった。

しかしホラー作品としては一級品の出来なので好きな方は見てみてはいかがだろうか?

作品の概要

原題:Us
日本公開日:2019年9月6日
監督:ジョーダン・ピール
脚本:ジョーダン・ピール
主な出演:ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、エリザベス・モス
上映時間:116分
鑑賞方法:Blu-ray