【映画の感想】天気の子

2019年7月20日劇場アニメ, 感想倍賞千恵子, 天気の子, 小栗旬, 本田翼, 森七菜, 醍醐虎汰朗

初めに

新海監督の最新作で、予告編での映像の美麗さ、天気がテーマで晴れ?雨?と言った気象の演出に惹かれ見に行ってきました。

おことわり

解説を含む内容になり、ネタバレはそこそこ入っております。

自分が思った感想

東京は連日雨に見舞われ、太陽が照らされない雨雲に覆われたある日の事だった。帆高は高校1年生の時、ある思いを抱いて半ば家出同然の形で上京してきた。

その時のフェリー移動の際、大雨に会いその時、フェリーが傾き船から滑り出されそうになった所で須賀圭介に助けられる。この時の雨、空の演出はとても綺麗でそして水の表現がとても神秘的に表現されてる。水の表現は特に素晴らしいと言っていい。

そして助けられた帆高は何故か圭介にたかられてしまう、この時、帆高は「東京は怖ええぇ」って言うあたりが面白かった。その後、圭介から名刺を渡され「ま、もし東京で困ったことがあったらさ」と言って自分の会社の名刺を渡される。するわけねえだろって心の中で叫ぶ帆高はある意味素直なキャラで面白い。

東京の新宿でバイトを探す帆高だが、16歳高校生学生所無しで雇って貰えないか?とYahoo!知恵袋で質問を投げかけるが「水仕事のボーイなら身分証明書無しで雇って貰える」と見てバイトを探すがなしのつぶてだった。

そしてバイトが見つかるまでの間に節約をする為、今まで拠点にしていた漫画喫茶の部屋を引き払う、しかし未成年者である為、警察の職務質問を掛けられるが答えられず警察を振り切り歌舞伎町の町中を帆高は疾走する。

この時の新宿歌舞伎町付近の街並み再現は素晴らしく映像だけでなく、雰囲気までしっかり再現されている。テーマソングが流れる宣伝トラックまで登場するので特に新宿に行く人なら納得の再現度と言っていい。(次回は俺の風をお願いしたいくらいだ)

そして、歌舞伎町のホテル街付近でうずくまっている所、声を掛けられ去ろうとしたその時、転ばされ空き缶の入ったごみ箱を倒しその中から小さな小包が見つかる。その小包を西武新宿線駅前のマクドナルドで開封するがその中に拳銃が入っていた。

それに慌てた帆高は拳銃を隠す。仕事探しとかに行き詰まっていたので圭介から貰った名刺に書かれていた電話番号に電話をかけ、そして疲れでテーブルに突っ伏していたら、女性の店員がビックマックを差し出す。帆高は3日間晩御飯をポタージュスープで過ごしていたの見ての事だった。

翌日帆高はバスに乗り、圭介の事務所がある場所へ向かう、そのバスの中で都会の資本文化を感じながら。しかし尋ねるがインターホンは壊れている、カギは掛かっておらず不用心で中に入ると、一人の女性がソファーで寝ていた。

その女性は夏美と言い、圭介の事務所K&Aプランニングで働くスタッフの1人だった。その後、主に都市伝説やオカルト関係の記事で、この方面で話題になってる「100%の晴れ女」で取材体験を夏美とする事になる。

ここで占い師にから話を聞くが帆高は「ラノベの設定みたいな話を延々と聞かされました。」とMacBookで記事を書いていく、記事の内容を見て文才は悪くないと考え圭介は帆高にここでバイトしないかと誘う。三食寝床付きの条件で、圭介の仕事を帆高は受け入れる。

そんな帆高が東京であっという間に日々で雨が降り止まないある日の事、切れ間のない人々の渦の中に、帆高はある1人の少女と遭遇する。その少女はあの時のであった店員だった。しかし少女は怪しげな男2人といた。居ても立っても居られなくなった帆高はその少女の手を引き連れ去る。

しかし追いつかれる、その男は以前うずくまっているときに転ばされた時に足を掛けた男だった。その男は帆高に殴るが帆高は反撃をせず、その時にお守りとして持っていた拳銃を撃つ、帆高もそれがオモチャだと思い込んでいたが本物だった。

そして少女は帆高を連れて代々木の廃ビルに逃げ込む、その少女は陽菜と名乗りその少女はとても明るい性格で、弟とこの都会という渦の中でともに暮らしているという。しかも、彼女には到底他の人間には理解し難いある能力が備わっていた。

陽菜が帆高の目の前で見せたその特異な能力とは、祈る動作をするだけで、それまで低く垂れこめていた雲から降り続いていた雨を瞬く間に終わらせ、一瞬にして青空を見せるというものであった。

ここから帆高と陽菜との行動が始まる、晴れを提供しますって事で100%の晴れ女を仕事として生活費を稼ごうと考える。ここから帆高と陽菜のストーリーは大きく動く事になる。

その時のストーリーもかなり丁寧に説明され、100%の晴れ女としてどの様に仕事をしていくか、その過程でなにがどう起きるか?目的がハッキリしているのが良かった。依頼をするシーン、そして依頼が完了して喜んでくれる人たち、陽菜はこの100%の晴れ女の仕事が天職だと思い始める。

そしてストーリーが進んで行き、ある出来事がキッカケで100%の晴れ女の仕事を一旦休業することを決める。そして最後の100%晴れ女の仕事の後、帆高は陽菜から、ある事を告げられる。なぜ陽菜が晴れ女なのかを

その後、陽菜の家に一緒に帰った帆高だったが、少し後に警察が陽菜の家に訪ねてくる。帆高が銃を使った事で帆高を探す警察だった。その後、圭介が陽菜の弟の凪を連れてた、圭介に警察が自分の事務所に着た事を告げ、帆高は事務所を首になり、退職金と共に圭介から「大人になれ、少年」と言われる。

そして、陽菜は翌日訪問する児童相談所から逃げる為に凪と荷造りを始める。その時、帆高はみんなで逃げようと提案し異常気象で大雨が振り気温が上がる中、東京の都市部へ逃げ始める。そしてニュースでは異常気象で気温が下がりそして夏なのに雪まで降り始める。

そして、渋谷のあるホテルでようやく泊まる場所を見つけるがそこで、陽菜はある決断をする。それは陽菜の質問で帆高の何気ない答えがキッカケで起こる。

そして翌日の朝、陽菜が居なくなる。そして踏み込んで来る警察、警察に拘束されその後、陽菜探すと言って逃げ出すと展開がある。このシーンはかなり面白く、逃げる帆高と追う警察(と言うか犯人を逃したと言う汚点が付いている)そして協力する人物たちが絡み合っていて、夏美、凪、圭介は帆高の為に動く代々木の廃ビルを目指す。

ここまで通して、リアリティのある新宿付近の再現はとても印象に残るだけでなく、映像だけでは無く音もかなりこだわっていて、雑踏も見ている自分はその場に居るんではないか?と言う臨場感に浸れるのは流石と言いたい。

その他では空の演出、雲の演出も美麗で積乱雲は特に美しいと感じた。それと本作では雨が常に降っているが、雨が振り始めた時の地面の濡れ方も丁寧に描かれているだけでは無く、振り続いている雨が地面を流れる動きも細かく、雨が多く振り地面が水で多くなっている部分の表現まで再現しているのは恐れ入った。

最後に一言

君の名は。から3年後の新作だが、期待以上の出来で大変満足出来る作品に仕上がっていた。天気の子の英語タイトルにあるWeathering With Youの意味も本作を通して考えるとかなり考えられているタイトルでその意味は、作中にヒントが隠されているので探してみるのも一興かと思う。

作品の概要

公開日:2019年7月19日
監督:新海誠
脚本:新海誠
主な出演:醍醐虎汰朗、森七菜、小栗旬、本田翼、 倍賞千恵子
上映時間:114分
鑑賞方法:映画館
映画館での鑑賞回数:7回