【映画の感想】イエスタデイ

外国映画, 感想イエスタデイ, エド・シーラン, ケイト・マッキノン, ジョエル・フライ, ダニー・ボイル, ヒメーシュ・パテル, リチャード・カーティス, リリー・ジェームズ

初めに

ある日、ビートルズを知らない世界になってしまったとしたら?をテーマにした、コメディ映画。ビートルズを知っているただ一人の人間が取った行動とは?

自分が思った感想

イギリスの小さな海辺の町サフォークに住むジャックは、シンガーソングライター。しかし、幼馴染みで親友のエリーのサポートがあったが、鳴かず飛ばずで全く売れなかった。

だがそんなジャックにも、音楽祭で小さいながらテントを与えられその中で自分が作詞作曲した曲を披露するも、全く反響が無かった。ジャックは自分は才能が無いと今回の音楽祭を最後に夢を諦める事を決意する。

エリーはそれを拒むが、ジャックは決めた事だと言い切り、エリーがいつも送り迎えをしてくれる車から降り、自分の自転車で自宅に向かうのだった。

だがその時、世界で大規模な停電が起きる。その時運悪くジャックはバスに轢かれて入院をしてしまう。体の怪我は大した事では無かったが、前歯を2本失う事になった。

そして退院をしたジャックは友人の家で退院祝いで新しいギターを貰う、そこで1曲歌ってくれとお願いされ、ジャックはビートルズのイエスタデイを披露する。その曲を聞いた友人一同はイエスタデイに感動をする、まるで初めて聞いた曲のように感動していた。

大規模停電の演出の際、世界全体が停電に見舞われる様になっているが、その後は幾つかチグハグな事が起こる。ジャックの中では当たり前である”ビートルズ”の曲を友人は知らないと言うし

ジャックの家にある、ビートルズのレコードのコレクションも綺麗サッパリに無くなっている。だけど、ジャックは覚えているし知っている。このチグハグ感がとても良く出てきて”そんな馬鹿な!”って思うような演出は見事だと思った。

そしてジャックはビートルズの事を徹底的に調べるが、調べて出てくるのは”カブトムシ”ばかりで、ジャックは”彼らの名曲を覚えているのは世界でジャック唯一人だけだった。”

ジャックはビートルズの様々楽曲を思い出すように、ビートルズの曲を自分の記憶を頼り、ドンドン思い出し吸収していくのだった。ジャックが歌う、ビートルズ曲に人は集まりサンプルCDを出す。

コレがキッカケで彼はライブでは今まで鳴かず飛ばずではなくなり、拍手喝采でSNSで話題になり、マスコミも注目する。そして有名なアーティスト・エド・シーランに声を掛けられモスクワで彼のツワーでオープニングアクト(前座)を任される事になる。

モスクワのツワー後、エドはジャックに即興で歌詞を書いてどちらが優れているかの勝負をジャックに挑む。ジャックはビートルズの楽曲で挑むが、エドは”才能を抜かれる日が来るとは思っていた”と言い残しジャックはエドの勝負に勝ってしまう。

そして、同じくモスクワに居た、デブラ・ハマーと言う音楽プロデューサーに声を掛けられ、ジャックはメジャー・デビューのオファーが掛かる。そしてロサンゼルスで夢が叶う、その一歩手前まで来ていた。

今作では、音楽で夢を叶える目標があるが、実はビートルズを曲を使った盗作であり、ジャックは夢を叶える事自体は嬉しいのだが何処か後ろめたい気持ちがあるのが見て取れる。

それと、面白いのは親友のエリーであり、エリー自体ジャックの事が好きなのは最初から分かるようになっているが、すれ違いなど絶妙なタイミングでカップルになる機会を失うと言う設定は実に見事で見ているががヤキモキする所は中々良い。

後は様々な場所に移動するが、移動した場所がテキストで表示されるがその時の演出は中々見事で、シーンに合わせた文字演出は実に考えられており、単純に場所を表しているかと思えば、ワンシーンの演出の一部として上手くマッチさせる等、凝った作りも見逃せなかった。

極めつけで一番笑えるのは、ジャックの父親のマイペースっぷりだろう、隣にエド・シーランが居ようが、ジャックが今から演奏を行おうが何をするにもマイペースで、ある意味番狂わせと言ってもいい動きは実際に見てほしいほど面白い。

ただ、今作は音楽コメディであり、実話を元にした伝記映画でもない、その為、ビートルズの楽曲はジャックの盗作として扱われるので(ジャックも盗作として扱っている自覚はある。)笑って楽しめない人には向かないとも思った。

ちなみに本作では”ビートルズ”をしているのはジャックのみと言う設定だが、実は色んなものが無くなって居たりする。

その他に無くなったものは

  • コカ・コーラ(作中はペプシばかりになっている)
  • シガレット
  • ハリー・ポッター

作中一言程度でしか語られないが、意外なものが無くなっているのでかなり笑える。

ついでに、ビートルズのアビー・ロードのジャケットをベースにしたいとジャックは提案するが”こんな横断歩道の写真では売れない”と一蹴されるのは思わず笑ってしまう。

最後に一言

売れないシンガーソングライターがどうやって夢を叶えるか?まさかの方法で驚かさるが、コメディ映画と見るならとても良くできた作品で、こういった嗜好の作品は出にくいと思うので意欲的な作品だと思った。

作品の概要

原題:Yesterday
日本公開日:2019年10月11日
監督:ダニー・ボイル
脚本:リチャード・カーティス
主な出演:ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ 、ジョエル・フライ、ケイト・マッキノン 、エド・シーラン
上映時間:116分
鑑賞方法:映画館
映画館での鑑賞回数:1回